秋田米を全国へ「一乃穂」は秋田米で作った秋田しとぎ菓子をお届けしています

一乃穂 一乃穂 一乃穂 一乃穂 一乃穂 一乃穂 一乃穂 一乃穂 一乃穂 一乃穂 一乃穂 一乃穂
一乃穂 一乃穂 お気に入りに追加 E-MAIL 一乃穂
一乃穂 ネットショップ 一乃穂 しとぎばなし 一乃穂 一乃穂通信バックナンバー 一乃穂 一乃穂トップページ 一乃穂
一乃穂


ネットショップ

 いつもお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
 私の拙い文章だけでは無味乾燥と思い季節の草花のイラストを妻が担当しております。お陰様で25年目を迎え今では、通信、イラストとも楽しみにしてくださる県内外のお客様もおり、うれしく思っております。
 このページが皆様と末永いご縁につながりますよう祈っております。(店主敬白)

通信  No.286(2017年4月1日)

 今月の中旬頃には、当地でも桜が開花する予定です。秋田県は、 この25年間で人口が約25万人位も減少してしまいました。

  それでも4月は入学・入社などフレッシュで華やいだムードが街に溢れます。おかげさまで当店も24年目の春を迎えました。 現在、毎月朔日(ついたち)だけの限定販売で朔日餅を作っていますが 4月1日は味噌餅です。月毎に味の違うお餅をお楽しみ下さい。
 また、本年はさくら餅が、考案されてから300年になります。 和菓子は千年を越える歴史の中で、日本人の憩いとやすらぎのひとときを共にしていると言っても過言ではないでしょう。
 金連花 「さくら餅」は、享保2年(1717年)徳川3代家光公が命名したと言われています。現在も東京・向島にある長命寺の門番であった 新六が、向島のさくら並木の葉が散るのを惜しんでさくらの葉の 塩漬けをつくり、その葉で餅を包んで販売したところたいそうな人氣を博して「さくら餅」となりました。
 当店が使用している大島さくらの葉は、生のままではあの独特な 香りは出ませんが、塩漬けにすることによってクマリンという芳香 成分が生まれます。その香りが餅の生地にほのかな移り香となって 餡を包み込んだ餅と調和し、「さくら餅」の味わいとなりました。
  葉ごと召し上がっても良いのですが、創製者の意図は葉を取り除いて、移り香と餅を楽しむことだったそうです。これからは、よもぎ 餅・かしわ餅が登場します。
  送料キャンペーンサービスは、4月20日まででございます。 是非ご利用下さいませ。



TEL 018-837-3800 FAX 018-831-0010
通信販売専用フリーダイヤル 0120-724-200

秋田空港売店 秋田北空港売店 秋田駅トピコ秋田イオン中央店
イオン御所野店 イオンスーパーセンター横手南店イオン中仙店  大館いとくSC 能代いとくSC

由利本荘店 〒015-0801 由利本荘市美倉町交差点角 TEL0184-22-3500 FAX0184-22-6699

大町店 〒010-0921 秋田市大町四丁目 赤れんが郷土館通り TEL018-823-0010

E mail ichinoho@shitogi.jp

個人情報の取得と利用目的
当社はショッピング、お問い合わせなどにより氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどお客様の個人情報を取得させていただく場合があります。これらの情報は以下の目的以外では使用いたしません。
●ご購入いただいた商品に関する確認のため ●商品、カタログの発送をするため ●商品に関する問い合わせのため

本店 ■本 店
秋田駅前仲小路 アトリオン交差点角
TEL 018-837-3800
FAX 018-831-0010
登町店 ■登 町 店
秋田市楢山登町3-1
TEL 018-836-3800 018-836-2220
FAX 018-836-9100



トップページネットショップ:通信販売しとぎばなし一乃穂通信バックナンバーE-MAIL

Copyright (c) SHITOGI.JP. All rights reserved.